数式を入力しましょう

数式を入力する方法として、[関数の挿入]画面を利用する方法とセルに直接入力する方法があります。

操作に慣れるまでは、正しい数式の組み方を覚えるためにも[関数の挿入]画面を利用ましょう。

関数を覚えてきた頃には、セルに直接入力し、効率をアップしていきましょう。

今回は、[関数の挿入]画面を利用する方法とセルに直接入力する方法を、SUM関数を用いてご紹介します。

[br num=”2″] [br num=”2″]

数式の構造について

エクセルは数式内で「引数」を指定し結果を返します。

susiki-kihon9

引数に複数セルを指定する場合は、そのセル範囲をドラッグで選択します。複数セルをドラッグして指定した場合、「A1:A2」のように「:」で区切られて表示されます。

数式内の「:」で区切られた部分は、「セル番地からセル番地まで」という指定がされていると認識しましょう。
[br num=”2″]

[関数の挿入]画面を利用する方法

  1. A1に「5」、A2に「10」を入力します。[br num=”1″] susiki-kihon1
    [br num=”1″]
  2. A3を選択し数式バーにあるfxボタン(関数の挿入ボタン)をクリックします。[br num=”1″] susiki-kihon2
    [br num=”1″]
  3. 画面上部[関数の検索]枠内に「合計」と入力し[検索開始]ボタンをクリックします。[br num=”1″] susiki-kihon3
    [br num=”1″]
  4. 画面中央[関数名]一覧から「SUM」を選択し、[OK]ボタンをクリックします。[br num=”1″] susiki-kihon4
    [br num=”1″]
  5. [関数の引数]画面が表示されるので、[数値]枠内に自動的に「A1:A2」と入ったことを確認し、[OK]ボタンをクリックします。
    [数値]枠内に「A1:A2」と入っていない場合は、[数値]枠内をクリック後、A1からA2までドラッグすると「A1:A2」と入ります。[br num=”1″] susiki-kihon5
    [br num=”1″]
  6. A3に「=SUM(A1:A2)」という数式が入り「15」が返りました。[br num=”1″] susiki-kihon6
    [br num=”1″]
[br num=”2″]

セルに直接入力する方法

  1. A1に「5」、A2に「10」を入力します。[br num=”1″] susiki-kihon1
    [br num=”1″]
  2. A3を選択し、直接入力モードの状態でキーボードから「=sum(」を入力します。下部に引数についての説明が表示されます。
    ※数式は半角英数字で作成する必要があるため、入力時には直接入力モードに変更してください。[br num=”1″] susiki-kihon7
    [br num=”1″]
  3. A1からA2までをドラッグします。数式が「⁼sum(A1:A2」となるので、最後に閉じカッコ「)」を入力して[Enter]キーで確定します。[br num=”1″] susiki-kihon8
    [br num=”1″]
  4. A3に「=SUM(A1:A2)」という数式が入り「15」が返りました。[br num=”1″] susiki-kihon6
    [br num=”1″]
[br num=”2″]

まとめ

  • 数式の作成に慣れるまでは、数式バーにある[fx]ボタンから関数の挿入画面を表示して利用しましょう。
  • 数式の作成に慣れ、関数を覚えた頃には、セルに直接入力して数式作成のスピードアップを図りましょう。
    [br num=”2″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です