ストークの記事一覧マガジン型から抜粋(説明文)を削除する方法

WordPressテーマ『ストーク』の記事一覧マガジン型では、アイキャッチ画像の下に記事の先頭にある文章が抜粋として表示されます。

[excel-fighter]ストークの記事一覧マガジンから抜粋(説明文)を削除する方法

ちなみに、抜粋文は記事の先頭にある文章を拾っていますが、Wordpressの[表示オプション]から[抜粋]を表示することで、任意の文章を指定することもできます。

今回は、この抜粋自体を非表示にする方法を紹介します。

WordPressテーマ『Stork』の記事一覧マガジン型で抜粋を非表示にする

操作の前に

ストークで抜粋を削除するには、phpファイルから抜粋に関するコードを削除する必要があります。

ここで紹介する方法は、FTPソフトの操作が必須になりますので、まだFTPソフトをインストールしていない場合は、フリーのFTPソフトをインストールしてサーバーにログインできるようにします。

なお、FTPソフトでサーバーのファイルを操作する際は、十分に注意しましょう。不用意にファイルを削除するとブログ自体が開けなくなります。ブログ管理者として責任をもってサーバー上のファイルを操作してください。

こちらの使用環境は以下です。

使用環境
OS Windows10
FTPソフト FFFTP
WordPress Ver.5.2.2
操作開始

1

FTPソフトでphpファイルをコピーします。

ストークの親フォルダ内にある『parts_archive_magazine.php』をストークの子テーマフォルダ内にコピーします。

コピーするファイル:parts_archive_magazine.php
コピー元:/themes/jstork/
コピー先:/themes/jstork_custom

FTPソフトの操作方法はそれぞれ異なりますので、割愛します。

2

WordPressで子テーマのparts_archive_magazine.phpを開きます。

WordPressのダッシュボードから[外観]-[テーマエディター]を開きます。

[excel-fighter]ストークの記事一覧マガジン型から抜粋(説明文)を削除する方法

[テーマの編集]画面が開くと、右上の[編集するテーマを選択]は既に[stork_custom]になっています。これがストークの子テーマです。

右側のテーマファイル一覧から[parts_archive_magazine.php]を選択します。

[excel-fighter]ストークの記事一覧マガジン型から抜粋(説明文)を削除する方法

3

抜粋に関する記述を削除します。

記事一覧マガジンの抜粋は、39行目に記載されているコードです。

<div class="description"><?php the_excerpt(); ?></div>

このコード一文を丸ごと削除するか、削除せずにコメントアウトします。コメントアウトする場合は以下を参考にしてください。

■コメントアウト前:

<div class="description"><?php the_excerpt(); ?></div>

■コメントアウト後:

<!--<div class="description"><?php the_excerpt(); ?></div>-->

[excel-fighter]ストークの記事一覧マガジン型から抜粋(説明文)を削除する方法

該当のコードを削除、もしくはコメントアウトした後は、[ファイルを更新]ボタンを押します。

4

トップページの記事一覧マガジン型から抜粋が消えたことを確認します。

トップページを更新表示してみましょう。抜粋文が非表示になり、アイキャッチ画像とタイトル、日付のみの表示となりました。

[excel-fighter]ストークの記事一覧マガジン型から抜粋(説明文)を削除する方法

操作完了

まとめ

この記事のポイント
  • ストークの記事一覧に表示される抜粋文を非表示にしたい場合、PHPファイルから該当のコードを削除するかコメントアウトする必要がある

いかがでしたか?ご希望どおりの結果になりましたでしょうか?

FTPソフトのインストール・設定・操作については、それぞれのソフトで方法が異なるため割愛しましたが、ご希望があれば詳細を図解します。

『FTPソフトの使い方も初心者向けに詳しく解説して!』というご要望は、下記のコメント欄からお送りください。

みどり
最後まで読んでくれてありがとうございました。感想をいただけると励みになります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です